特長

ノーラッド独自のデジタルマーケティング手法

ユーザー目線に立った施策と検証改善を繰り返すのがNorad Way。
ユーザー目線に立つと言葉では簡単に言えますが、実際に行動に起こすこと、そして結果に結びつけることは非常に困難です。
自分ではユーザー目線でいるつもりでも客観的に分析してみるとそうではないことが数多く見受けられます。WEB運用メソッドとしてのNorad Wayは、本当の意味でユーザー目線に立つお手伝いすることを目的としています。

01 デジタルマーケティングの概念

デジタルマーケティングの概念
デジタルマーケティングの主な目的はユーザー心理を想像することです。

ユーザーが求めているものを必要なだけ提供するには、戦略をストーリー化していかなければなりません。また、それらを実践しながら解析し検証することで、何が成功で何が失敗かを知りながら積み重ねていくのが基本的な考え方です。
もちろん時間はかかりますが、1年目と2年目とでは大きな気づきがあり、それによって考え方も育っていくことが成果であるとも考えています。「コツコツと積み上げていく」この手法が一番の近道だとわたしたちは知っています。

02 ファネルデザイン

ファネルデザインイメージ
ファネルデザインは成果の出るホームページを作るための源です。

ユーザーとお客さまの目的を達成するホームページの作成には様々な仕掛けとなるコンテンツや導線設計が必要です。
またコンテンツや導線だけに留まらず、ユーザビリティの向上やそれに悪影響を及ぼさない領域での解析のしやすさもホームページを作成する際には必要なことです。コンテンツの質や量、解析ポイントの設定その順番までがファネルデザインによって形成され、それら全てがファネルデザインから発信されているといっても言い過ぎではありません。
ユーザーとお客さまの目的を達成するホームページを作成するため、このファネルを生み出す方法と読み取る技術をわたしたちは日々磨いています。

03 KPI(重要業績評価指標)の設定・データ解析

ヒートマップ
ヒートマップ解析
グーグルアナリティクス4のイメージ
GA4解析

ユーザーが気になっているところを特定するために様々な解析ツールを使用します。

通常の解析とは全く違った観点で、ユーザーが何に興味を示し、なにを無視したのかを知るための解析ツールを使用します。目標に向かい正しく戦術が機能しているか多角的な視点で知ることは、改善施策の質を向上させクリティカルなアプローチを可能とします。
無作為に施策の量を増やすのではなく、「質を高め、その後量を増やす」といった基本的な考え方により費用対効果の高い改善施策をわたしたちは提供します。Norad Wayとして解析を実施することで施策を導き出せます。

04 アライアンスパートナー

ノーラッドではデジタルマーケティングからホームページ作成・運用までの各分野のトッププロと
アライアンス(提携)を結び、良質なコンテンツ(情報)を提供しています。

マーケティング
デザイン
コーディング

原尻 淳一 / Junichi HARAJIRI

Marketing Generator
Harajiri Marketing Design 代表取締役 | 一般社団法人みつかる+わかる 代表理事
龍谷大学経済学部 客員教授

1972年埼玉県生まれ。大手広告代理店入社し、主に飲料のブランドマーケティング業務に携わる。その後、エイベックスグループに転職し、マーケティング部門を統括。アーティストのマーケティング戦略、映画「レッドクリフ」の宣伝戦略立案、アニメ「ONE PIECE」のDVD事業戦略立案を行い、大ヒットに導いた。現在は、主に食品メーカーや医療検査ベンチャー等のマーケティングコンサルタントとして活躍している。また龍谷大学客員教授として「知の技法|academic skills」と「実践的マーケティング」の講義を行っている。

著書に『IDEA HACKS!』等、東洋経済ハックシリーズ。近著では『ビジュアル マーケティング・フレームワーク』(日経文庫)がある。
日経ビジネススクール講師。リクルート マネジメントスクール講師。環境省や厚生労働省の委員等も歴任している。

Harajiri Marketing Design image1sp

ノーラッドについてもっと詳しく知りたい方へ