ライティング

初心者が始めるWEBライティングのコツ!記事作りのポイント5選

みなさんこんにちは!


岡山県のデジタルマーケティング会社としてWEBサイトの設計から解析、改善までをワンストップにおこなう株式会社ノーラッドの広報担当です^^


昨今のDXの加速に伴い、集客や効果を大きく左右するWEBライティングの需要は益々高まってきています。


そのため「これからWEBライティングをはじめていく」「会社の方針でWEBライティングに携わることになった」と、これからライティング始める方も多いのではないでしょうか?👀


しかし、ただ文章を書くだけでは効果や集客につながるWEBライティングにはならず、いくつかのポイントを抑えておく必要があります。


今回のブログでは「初心者の方が抑えておくべきWEBライティングのポイント」をご紹介してまいりますので、これからの参考にしてみてくださいねっ🤗✨


ライティング中のスタッフ



目次


はじめに WEBライティングの概念を知ろう


抑えておくべき5つのポイント


まとめ




> はじめに WEBライティングの概念を知ろう



そんなの知ってるよ〜👀」という方もいるかもしれませんが念の為おさらいです❗️😆


Webライティングとはつまり、PC🖥やスマートフォン・iPad といったデバイスを用いて表示されるため「Webを通してユーザーに読まれることを前提とした」ライティングのことを言います。

「WEBを通してユーザーが読む」ことが前提のため、それに応じた様々なコツが必要となってきます👀✨


SEOライティングと混同されがちな言葉ですが、根本的に意味合いが違います。


SEOライティングは誰に向けてのもの?=SEOエンジン

WEBライティングは誰に向けてのもの?=読者


誰のためのライティングなのかをしっかりと意識することが大切なライティングです👀😆



>抑えておくべき5つのポイント



その1 ベネフィットを明確にすること


ベネフィット


スマートフォンの普及率が90%近くとなった現代、ほとんどの方がインターネットを扱い「自分の知りたい情報」を得られるようになりました。


そして企業側もインターネットを使って様々な情報をターゲットに向けて発信できる時代であり、ユーザーは常に多くの情報に晒されています👨👩

そのため、WEBライティングには数多くの情報のなかから「ユーザーの必要とする情報=ベネフィット」をいかに正しく簡潔に伝えることができるか?が求められています👀❗️


執筆した記事がユーザーのベネフィットを明確に表現できているかを意識していきましょう❗️✨



その2 文章はできるだけ簡潔に



1記事あたりの文字数の多さはユーザーへのストレスに繋がります😰💦

ポイント1でご紹介したように、WEBライティングにおいてはベネフィットを明確にしながら端的ですっきりとした文章を目指していきましょう❗️


また、記事を読んでほしいターゲットが利用するであろうデバイス(PC・スマートフォン)によって、画面上での見え方を考慮する必要があります。


パソコンでは見やすくてもスマートフォンでは改行がバラバラといったことも多くありますので、ターゲットの使うデバイスを意識した文章量や改行を加えていくことをおすすめします。



その3 数字は具体的に記載する


3つのポイント


ユーザーは抽象的な表現に不安を感じてしまいます。


そのため、裏付けデータがある場合には適切な数字を具体的に表現しましょう📃


例えばあるサービスのリピート率を表現するときにも


「多くの方がリピートしています!

よりも「リピート率95%の◯◯◯サービス」といったように数字で具体的に表現することで信憑性が一気に向上するのです❗️✨


このように曖昧な表現は避けできるだけ具体的な表現で「数字の見え方」にも注意をしてライティングをおこないましょう🐶



その4 結論を先にもっていくこと



どのような文章においても、起承転結をつくることは大切です。


しかし、ユーザーはできるだけ素早く自分の欲している情報を得たいもの。


その場合に起承転結を文章構成と置いてしまうと「素早く情報に辿り着けない」事態を招いてしまいます。


そうなると流入は多くても読まれていない、効果のない記事となってしまうため注意が必要です😰💦


結論を文章の冒頭にもっていくことで


「あ、この記事は自分の求めている情報が書かれている」と瞬時に理解できる効果のある記事になるのです。



その5 文章のトーン&マナーを一定にする


トーン&マナーとは簡単にいうと「文章の雰囲気」です。


語尾や口調などがひとつの記事のなかでバラバラだと途端に読みにくい文章となってしまいます😰💦


「ですます調」や「である調」など、語尾を統一して読みやすい文章作りを心がけていきましょうね🤗✨

まとめ

いかがでしょうか?


ここまで簡単に初心者がWEBライティングを始めるために抑えておきたいポイントをご紹介してまいりました。


とはいえ、実践を積み、検証と改善を積み重ねていくことが効果のあるWEBライティングへの近道ですので、どんどんと記事を作成し効果検証をしていくことをオススメします😆✨


ノーラッドでは細かなデータからWEBライティングを検証しています


正しいデータをもとにしなければ効果的な検証はおこなえません❗️


ノーラッドの解析士


これからWEBライティングを始めようとしている方や企業様においては「ライティング担当はいても解析・検証担当がいない」といったことも多いのではないでしょうか?


また、効果を検証するにも「何を目標とすべきか?」が曖昧なことも珍しくはありません。

ノーラッドではそのようなみなさまへのサービスとしてマーケティングプランナーと上級解析士ウェブ解析士がお客様のウェブ運用を正しくサポートしております。


デジタル上でのユーザーの動きを正しく知り、効果のでるサイト運用を目指してみませんか?

まずは相談だけでも、といった方でも結構です。

お悩み・興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいね😆✨